ブログ藤子堂

元保育士の失笑系バンドマンです。音楽、漫画、デジタル。時々保育の話など。

【CD】LISTEN UP「はなれてたって、みえるくらいに」#15

藤子です。相変わらず一ヶ月4000ロ移動する遠距離通学をしております。ハイエースで全国ツアーするようなバンドマンにはなれそうにもありません。


さて、今回はCDのレビューをしたいと思います。



LISTEN-UP_CD2
LISTEN UP
「はなれたって、みえるくらいに」


日本のバンド、LISTEN UPの最新作です。


大学に入学してすぐ、FUZZY CONTROLが見たくてShibuya O-WESTへ行ったらトップバッターでした。(トリはアルカラ。他にはジンとかも出てた)

それまでバンドのライブは「爆音でボーン!」みたいなのばかり行ってたんですが、LISTEN UPは
すごく聴きやすくて、すごくリラックスして楽しめたのを覚えています。

バンドのウリとしては、「キャッチーで切ないJ-POPバンド」みたいな音です。ゆったり体を揺らしながら、口ずさめるような曲が多いです。歌詞は恋愛とか「今の君を肯定します」的な応援ソングとか、普通にチャートに入ってきてもおかしくない王道なものが多いです。疲れた時とかにダラダラ聞くと元気でるよ! AJISAIとか好きな人はぜひ!





さて、作品の紹介。これが事実上のラスト(ミニ?)アルバムとなる、「はなれてたって、みえるくらいに」です。2012年9月発売。5曲入って1200円。安いよ! Amazonでも買えるよ!


そしてLISTEN UPは昨年のベーシスト(津久井佳之)脱退に続き、このCDとそれに伴うツアーをもってドラマーの八尋絵美脱退。加えて活動休止だそうです。゚(゚´Д`゚)゚。



内容!


1曲目のハローシャワー バイバイアンブレラはもう、いきなり「これぞリスナップ」って感じの曲です。珍しい要素としてはクラップと合唱のコーラスが入るくらいでしょうか。両方共このバンドじゃなかったアレンジではないかと。覚え違いだったらごめんなさい。歌詞も現状肯定しないで「いつまでもこのままじゃいられない 誰も知らないあなたに会いに行こうよ」ってこれ、今までのLISTEN UPにはなかったんじゃないでしょうか。バンドの活動休止も関係しているんですかね・・・?

2曲のラブレターは間奏がホイッスルとかも入ってきて、サンバチックなアレンジに。「別れ」をテーマにした歌詞と合わせて、今までで一番異色。その間奏の前後はいつものリスナップ節に戻るから更に違和感がw

ラスト(5曲目)のmany candies, everydayはサビのボーカルのシンコペーション?が印象深いです。パンチあります。



今作では、全体的にコードのジャカジャカ感を出してきた気がします。口ずさめるようなメロディーをイントロや間奏で弾くのがLISTEN UPのウリだと思ってたんですが、ボーカルがソロの弾き語りで活動を続けるようですし、それの移行段階ということでしょうかね?(´・ω・`)個人的にも「エフェクターの販促デモかっ!」ってくらいに王道でキャッチーなオリガードを入れてくるギター(坂口剛さん)がすごく好きなんです。今回はおとなしめというか、ディレイとかの空間系が少ない気がします。

歌詞は、ライナーノーツを読み返してみると、やっぱりメンバー脱退とかも影響があると思います。昨年もベースが抜けましたし、絵美さんのことだけではないのかもしれません。



とりあえず今週金曜(10月26日)に渋谷でラストツアーのセミファイナルがあるんで、彼らの節目を見届けに行ってきます(`・ω・´)ゞ対バンのGEMINIも好きなのでw


↑こちらが新譜から。

↓こちらは旧譜から。


公式
audioleaf

LISTEN-UP_CD2
LISTEN UP
「はなれたって、みえるくらいに」


【お気に入りの曲】
ハローシャワー バイバイアンブレラ(1曲目)

【お気に入りの歌詞】
声を聞いてしまえば
会いたくなってしまうから
「ありがとう」も「ごめんね」も
いつか伝えられたら
それだけでいい

(2:ラブレター より)

ご精読ありがとうございました!